地域の力を利用する介護予防・日常生活支援総合事業

subpage1

介護予防・日常生活支援総合事業は、地域支援事業の中に創設された事業です。この事業は、これまで国が主体となって行っていた支援事業を弾力化し、市町村単位で要支援者・二次予防事業対象者に介護予防や配食・見守り等の生活支援サービスを提供できるようにするものです。


従来の介護サービスを利用するには、国によって決められた基準の下に要介護・要支援の認定を受ける必要がありました。


地方での介護サービス従事者が不足する中で、要支援認定と非該当のボーダー上にいる高齢者の方に対しては、制度上十分な介護サービスができない状況になっていました。



将来、介護が必要になるタイミングを遅らせる二次予防事業の対象になる高齢者に対しても、市町村の判断で介護保険の財源が使用できるようになり、十分なケアができるようになることが期待されています。

Yahoo!ニュースについて詳しく知りたいならこのサイトです。

介護を行う人員についての対策も行われており、介護予防・日常生活支援総合事業には民間業者やボランティアなど、地域の社会資源を活用することが求められており、活用するための法整備ができています。
サービスの担い手がこれまでよりも多様化することから、質の低下が危惧されます。

市町村はサービス提供者との定期的な連絡会を行い、実施状況への評価を行うことでその問題を解決します。



当初はプロセスに対する評価、時期が経過してからは改善の効果を問うやり方が提案されています。
介護予防・日常生活支援総合事業の導入により、介護予防に対する取り組みにおいて市町村の裁量による部分が増加します。

利用料などについても市町村が主体的に決定できます。
現在、地方を中心にサービス事業者が不足していますが、解決するための大きな制度転換と言えるでしょう。