介護予防・日常生活支援総合事業

subpage1

介護予防・日常生活支援総合事業は、2025年問題の対策の1つとして考えられています。



2015年に、全人口の4分の1が65歳以上の高齢者となる、超高齢社会に突入しました。


しかし、まだピークとは言えず、今後も高齢化は進んでいきます。

あなたにぴったりの産経ニュースに関してとにかく簡単に調べられます。

2025年には、団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になるという問題も抱えています。



医者の不足、看護師の不足など、問題は山積みの状態です。
介護予防・日常生活支援総合事業は、医療や介護だけでなく、住まいや生活支援など、日常生活についても総合的に高齢者を支えていこうというシステムです。
都道府県や市町村が主体となって取り組む事業なので、都道府県や市町村によって支援の内容は異なってきます。
介護予防・日常生活支援総合事業のサービスを受けるには、まずは市町村の窓口で相談をする必要があります。

要介護認定等によって受けられるサービスが異なっています。

税金が使われていますので、だれでも自由に受けられるサービスではなく、必要に応じてサポートをしてくれるというサービスになります。


介護予防・日常生活支援総合事業は、2025年問題に向けて実施されているサービスなので、今後サービスの内容などは変化していく可能性が高いです。医師の不足、介護士の不足など、さまざまな問題も抱えています。

介護予防・日常生活支援総合事業があるからといって、老後が絶対に安心というわけではありません。ひとりひとりの努力も大切になります。