介護予防・日常生活支援総合事業とは

subpage1

介護予防・日常生活支援総合事業はこれから一層進むであろう高齢化に対処するため、従来の全国一律の介護基準ではなく地域の実情に応じた市町村主体の体制を作ろうとするものです。そのためには包括ケアシステムの構築をする必要があります。



包括ケアシステムとは医療や介護、住居など各々が独立した機能ではなくお互いが連携し、居住地から30分圏内に必要なとき必要なサービスが受けられる施設が存在する地域を構築するものです。

朝日新聞デジタル情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

それにより要支援者等の効率的な支援ができるようになります。


また60代70代の元気な方は支援する側になって参加してもらうことで健康の維持促進を図る狙いもあります。


では具体的に介護予防・日常生活支援総合事業で何が変わるのでしょうか。要支援者と称された方々は二つに分類されます。

一つはこれまで通りの要支援者。

もう一つは介護予防・生活支援サービス事業対象者です。
この新たに設けられたサービス事業対象者は訪問看護や福祉用具貸与等の介護予防給付の対象から外れます。

しかし、これまでも要支援者の給付に含まれていた訪問介護や通所介護の対象になります。


ただし要支援者として認定が必要だったこれらのサービスがより簡単に受けられるようになります。

つまり要支援者であった方々以外にもサービスを広げることで予防につなげてもらおうとする試みなのです。



これらに加え包括支援事業として在宅医療や認知症対策も図られます。つまり介護予防・日常生活支援総合事業は、これまで生活してきた地域を離れることなく買い物などの日常生活から医療、介護まで高齢者が安心して暮らせることを目的としているのです。

技術のコツ

subpage2

平成12年4月からスタートした制度に、介護保険制度があります。運営は市区町村が行っており、制度では40歳での被保険者としての介護保険への加入、原則、65歳以上の人は市区町村が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合には、いつでもサービスを受けることができます。...

more

技術のテクニック!

subpage3

介護予防・日常生活支援総合事業は、地域支援事業の中に創設された事業です。この事業は、これまで国が主体となって行っていた支援事業を弾力化し、市町村単位で要支援者・二次予防事業対象者に介護予防や配食・見守り等の生活支援サービスを提供できるようにするものです。...

more

納得の真実

subpage4

介護予防・日常生活支援総合事業は、介護保険法の改正によって新たに創設された制度です。2015年度の介護保険法改定以来、各市町村はこの総合事業への移行を段階的に進めていて、2017年3月までに完全施行することが義務付けられています。...

more

技術関係の真実

subpage5

介護予防・日常生活支援総合事業は、2025年問題の対策の1つとして考えられています。2015年に、全人口の4分の1が65歳以上の高齢者となる、超高齢社会に突入しました。...

more